馬肉ダイニング 天馬 で最高の馬肉料理を。大阪 西天満 の隠れ家

大阪の西天満にある 馬肉ダイニング 天馬 で最高の 馬肉料理 をご堪能ください。馬肉は 熊本 から 毎日直送 なので、鮮度抜群!馬肉 は美容や健康に最も良いとされる良質な脂とたんぱく質。最高級の 馬肉料理 をご提供いたします。 馬肉ダイニング 天馬 – 大阪 西天満 にある 馬肉料理 のお店

*

知っ得!馬肉情報

馬肉は美味しいだけではありません。

美容と健康を気にするなら、馬肉が最適な食材です。

大阪 西天満 の 馬肉ダイニング 天馬 で最高の 馬肉料理 を。

馬肉 ってこんなに凄い!

馬肉は、今、注目すべき素材といわれています。

「高たんぱく、低カロリー」の食材で、鉄分・カルシウム・グリコーゲンなどが多く含まれているので、高齢者の骨粗しょう症や女性の冷え性、成人病といった症状に効果があるといわれます。

馬肉は「低カロリー」「低脂肪」「低コレステロール」「高たんぱく」「高鉄分」、さらにビタミンが豊富!

馬肉のビタミンの含率は、豚肉の3倍、牛肉の20倍といわれており、肝機能を向上させ、“疲労回復”の効果が期待できます。

また、たんぱく質に含まれる「ペプチド」が血管を広げ、血液の流れをスムーズにし、高血圧の降圧剤の役割を果たします。
良質なたんぱく質は、痴呆、動脈硬化、心疾患、脳疾患などを予防します。

【馬刺し】
居酒屋などで食べる馬刺しとの、色、味、鮮度の違いを是非、感じてください!
大阪 西天満 の 馬肉ダイニング 天馬 で最高の 馬肉料理 を。

馬肉は、今では貴重な、生食できる食材の一つです。

なぜ、馬肉は生で食べても安心・安全な食材なの?

馬は牛・豚などの家畜と比べ、体温が5~6℃も高い為、寄生虫や雑菌が寄り付きにくく、しかも狂牛病や口蹄疫などは偶蹄類の病気で、奇蹄類の馬はそれらの病気にかかりません。
また、抗原度が非常に低く、アレルギーは起きにくい等、馬肉は最も安心・安全な食肉と言えます。

  • 馬は狂牛病(牛海綿状脳症・BSE)や口蹄疫にはなりません。それらの病気は、蹄が偶数の偶蹄類に属した動物の病気だからです。
  • 0-157や0-111などは、牛・羊・鹿などの反芻動物の腸内に生息し、反芻しない馬の腸内には生息していません。
  • 馬の内臓は、体の大きさに対して小さく抗生物質やホルモン剤等の薬品を与える事があまりできない為、馬肉は健全でクリーンなお肉と言えます。
  • 馬の体温は、牛・豚と比べて5~6℃も高く寄生虫や細菌類が寄り付き難い為、他の畜肉より寄生虫や細菌類は少ないと言えます。
  • 馬は抗原度が非常に低い為、アレルギーを起こしにくいと言えます。

赤身部分の豊富なタンパク質には、ペプチドという成分が含まれており、血圧降下や毒消し作用があります。
脂成分には、人の体内では作ることの出来ない善玉コレステロール不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。

馬肉の素敵な栄養価(100gあたり)

成分 馬肉 牛肉 豚肉
カロリー kcal 100 297 202
脂肪 g 2.5 23.3 12.8
鉄分 g 4.3 1.3 1.1
タンパク質 g 20.1 18.4 18.4
グリコーゲン mg 2290 674 432
  • 牛肉や豚肉に比べ、低カロリーで高タンパクなのが特徴。
  • 脂質は牛肉のわずか10分の1、カロリーも3分の1しかありません。
  • 鉄分やミネラルも非常に多く含まれ、貧血にもいいとされています。
  • 馬肉に多く含まれたグリコーゲンは、エネルギー源となり、疲労回復や精がつくと言われる由来となっているのです。
  • 特に馬肉を昔から食べる文化のあるフランスでは、アスリートやモデルが好んで馬肉を食べたり、お医者様が患者さんに馬肉を薦めたりしています。
    日本でも、昔から薬膳料理として親しまれている文化があります。

このように馬肉・馬刺しは美味しいだけではなく、ものすごくヘルシーで美容にも良いとされる優れた食肉なのです。
当店の馬肉は、熊本の阿蘇の麓で食用として飼育され、毎日、少量ずつ直送していますので、超新鮮です。

専門店ならではの、いろいろな部位が楽しめます。
大阪 西天満 の 馬肉ダイニング 天馬 で最高の 馬肉料理 を食べてみていただき、居酒屋などで食べる馬刺しとの、色、味、鮮度の違いを是非、感じてください!

PAGETOP
/* */